◆ よくある質問集 ◆


よくある質問集

お客様より多く寄せられる質問を集めてあります。
お問い合わせをいただく前に、同じような事例がないかご確認ください。


●お手入れに関する質問

  ◎包丁にサビが出た。
  ◎刃が欠けてしまいました。
  ◎包丁の刃に裂け目ができてしまいました。
  ◎ハンドルにがたつきがあります。
  ◎簡易シャープナーを持っている場合、砥石で研がなくてもいいのでしょうか。
  ◎自分で研ぎ直す場合、砥石は何を選ぶといいでしょうか。


●使い方に関する質問

  ◎同じ包丁を使用している人がいるのですが、自分の包丁と重さが違う気がします。
  ◎ハンドルから異臭がします。何の臭いですか?
  ◎包丁が曲がっているような気がします。
  ◎まな板は何を使ったらよいですか?


●その他に関する質問

  ◎包丁を新しくするので、今の包丁を捨てたいのですが。


◎包丁にサビが出た。

 包丁にサビが出ても、本来の機能には支障はありませんので、安心してお使いください。また、サビは鉄分ですので、体に入っても害はありません。
 鉄・ハガネ系の材料はもちろんですが、ステンレス系の包丁であっても、使用環境によってはサビが出ることがあります。使用後に水気が残っていた場合や、酸・塩分を含んだ汚れなどが付着していた場合、または湿気が多い場所での保管などが原因で錆びる場合がございます。防止策としては、使用後に中性洗剤を使用してよく洗い、乾いた布で水分をよく拭き取ることである程度防止できます。特に鉄・ハガネ系は錆びやすいので、更に食用油を塗っていただくことをお薦めします。
 錆びてしまった場合、刃先の場合は砥石等で錆びた部分を研ぐことでサビが落とせます。刃先以外が錆びた場合、ステンレス系の包丁であればクレンザーなどでこすり落とせますが、多少キズが多少入る場合があります。鉄・ハガネ系は金属たわしなどでこすり落とした後、食用油を塗ってください。

◎刃が欠けてしまいました。

 刃が欠ける原因として、凍った状態の冷凍食品を切った場合や、薄く研いだ包丁の場合、固い野菜(カボチャ・じゃがいもなど)や魚の骨を切った場合などが考えられます。弊社包丁は切れ味の良さ、持続性を保つため従来の包丁より刃先を薄く仕上げており、構造上横方向の力には弱い性質があります。
 凍った状態の冷凍食品やかぼちゃなどを切る際はご注意下さい。(半解凍の状態にしたり、電子レンジで柔らかくしてから切るのがよいと思います。)
 魚をぶつ切りにする場合は、出刃包丁が最適です。骨など固い食材を切っている最中刃が止まってしまった場合は、無理に横にこじらずにまっすぐに引き抜き再度切り直してみてください。
 また、砥石で元々の刃より薄く研ぐと切れやすくなりますが、強度が極端に落ちている場合があります。刃折れなどの原因にもなりますので、研ぎ過ぎには気をつけてください。

◎包丁の刃に裂け目ができてしまいました。

 小さな刃割れは、最悪の場合刃折れなどにつながる場合もありますので、発見した場合は使用せずに砥石を使用して修正を行う、または専門業者に修理を依頼するようにしてください。
 刃欠けなどと同じ原因で包丁の刃の部分に裂け目ができてしまう場合もあります。また刃に強い衝撃(叩き切り・落下など)を与えた場合にも、割れる場合があります。

◎ハンドルにがたつきがあります。

 ご迷惑をお掛けして申し訳御座いません。購入後まもなく、がたつきが見られた場合は使用しないで、当社までご連絡ください。良品に交換対応いたします。
 和包丁のように差込式の木柄の包丁(柄に鋲がないタイプ)の場合は、基本的に接着剤や釘などで固定してありません。がたつきが見られた場合は、柄の尻の部分をかなづちや床などで、2〜3度軽くたたくと、がたつきがなくなります。定期的に実施していただく事をおすすめします。

◎簡易シャープナーを持っている場合、砥石で研がなくてもいいのでしょうか。

 シャープナーは包丁の刃先を荒らすことで、一時的に食材への食いつきをよくする目的で使用するものですので、刃先を研ぐ砥石の代用品ではありません。
 簡易シャープナーのみ使用していますと結果的に刃先が非常にもろくなり、刃先の欠けを生じさせます。したがって簡易シャープナーを使用しても、かならず砥石で研ぎ直すようにしてください。
 また、一般的なシャープナーは、刃付け角度が家庭用向きに設定されていることが多く、業務用包丁を研ぐと刃付け角度が変わってしまう危険性があります。なるべく砥石のみを使い包丁のメンテナンスするよう心がけてください。
 同様にスチール棒なども基本的にはシャープナーと同じ効果を持ったものですので、スチール棒を使った場合も同様に砥石で研がれることをおすすめします。

◎自分で研ぎ直す場合、砥石は何を選ぶといいでしょうか。

 砥石には大きく分けて荒砥、中砥、仕上砥の3種類があります。一般的な研ぎ直しのみであれば中砥1本があれば、ほとんどの研ぎ直しは可能です。
 荒砥は刃欠けの修正や、包丁の刀身の研削の角度を修正したりする一番最初の段階で使用します。番数は#300〜400ぐらいが一般的です。
 中砥は刃をつけるために使用します。また、荒砥石でついた大きな傷などをきれいにするために使用します。番数は#800〜#1200程度で一般的には#1000程度になります。
 仕上砥は名前の通り、仕上げに使用しますが、中砥でつけた刃の表面をきれいに仕上げます。また、中砥で仕上げた刃の刃先を仕上砥で研ぐと刃先の耐久性が上がります。これを刃止めといい、中砥で刃をつけたときよりも大きな角度をつけて刃先のほんの先のみを仕上砥で2〜3回程度研ぐだけで効果があります。番数は#3000〜#4000以上です。
 何度も研いでいると砥石の表面がデコボコしてくる場合があります。この場合は砥石専用のスクレーパーや砥石の表面を平らにすることのできる名倉砥石などの修正砥石と呼ばれるもので表面を削り取ることで、元のような平らな面を出すことができます。そのような道具が手元にない場合は、平らなブロックなどに押し付け前後にこすることで同じ効果が得られます。

◎同じ包丁を使用している人がいるのですが、自分の包丁と重さが違う気がします。

 弊社の包丁の製造工程は一丁一丁丹念に手作業にて、鍛造や刃付けを行っていますので若干の誤差が出てしまう場合があります。
 通常の使用で問題は全くありませんので、安心してご使用ください。また研ぎを行うと徐々に包丁の刀身は減っていきますので、研ぎの回数が多くなるほど重量が減っていきます。

◎ハンドルから異臭がします。何の臭いですか?

 積層強化木ハンドルを作成する際、木を積層に接着するためフェノール樹脂を使用します。このフェノール樹脂が熱によって異臭を発生する場合があります。
 食器洗浄器、乾燥器などに入れた場合に多く発生する場合があります。食器乾燥器などは、包丁の刀身に錆を発生させる可能性もあり、包丁の洗浄にはあまりおすすめしていません。
 またガスコンロの近くに包丁を置いた場合も異臭が発生する場合があります。ハンドルが燃える危険以外に、包丁の切れ味や強度が、熱により著しく劣化する可能性がありますので、包丁の保管場所にはご注意ください。
 また自然木ハンドルは、かならず臭気があります。この臭気は薬品の臭いでなく、自然木本来の臭気で、体には害はありません。使用しているうちに自然に臭いはしなくなりますので安心してご使用ください。

◎包丁が曲がっているような気がします。

 ご迷惑をお掛けして申し訳御座いません。まずは弊社までご連絡下さい。

◎まな板は何を使ったらよいですか?

 包丁を使う上で良いパートナーであるまな板は木製とプラスチック製があります。木製はハガネ系の包丁と相性が良く、桧やほうの木、いちょう、やなぎなどの材料がよく用いられます。
 木製のまな板は手入れの際、中性洗剤を使用せず粗塩をかけてタワシで水洗いをし、立て掛けて水気を切るようにします。木目が縦になるよう立て掛けると反りが出にくくなります。
 また、使う前に水に濡らしてから使用すると、魚などの匂いや血などが付きにくくなりますので、覚えておくと便利です。
  衛生面や手軽さからプラスチック製のまな板も増えており、一般家庭で使用するのであればプラスチック製のまな板をおすすめしています。

◎包丁を新しくするので、今の包丁を捨てたいのですが。

 包丁は研ぎ直しできる限り、長い間使用できますがもし廃棄する場合には、刀身部に新聞紙などを巻いて、危険物として処分してください。
 処分に関しては自治体によって違いますので、直接自治体にお問い合わせいただくか、ゴミ区分の手引きなどを参考にしてください。

Copyright (C) 2009 Satake Cutlery Mfg. Co., Ltd. All rights Reserved.                    
株式会社 佐竹産業